メニュー 閉じる

月別: 2013年9月

White & Newton SIDEBOARD


 
 
朝から爽快な青空と澄んだ空気が清々しい土曜日。
今日はホントに気持ちのよい天気でしたね〜。
本日のお届けは墨田区のA様。
トランジスタには7年間で2台しか入荷した事のないレアなサイドボード。
1960年代のスコットランドで制作された ” White & Newton ” というメーカーのものです。
天板の後方部から前面にかけて流線型のデザインが一番の特徴。
一見、ピアノの蓋みたいですよね。
また、前面の引出しや扉の木目は通常縦に流れているのですが、
左から 扉→引出し→扉 と横に木目がつながっているのがとても珍しいタイプです。
効率や生産性は二の次に、
” 自分たちがつくりたい家具をつくった ” という意思が伝わってくる様です。
A様、イベントの時にご来店頂き、
せわしない中での対応申し訳ありませんでした。
またお嬢様と遊びにいらっしゃって下さいね。
ご購入ありがとうございました!
 
 
 
mura
 
 
 

 
 
 

G-plan Ib Kofod Larsen SIDEBOARD


 
 
 
最近、ランニングの話題ばかりなのでたまには家具の話しでも…。
 
 
3連休初日の配達は葛飾区のM様。
ご購入頂いたのはG-planの中でも珍しい一台。
1960年代、イギリスの家具メーカー E.GOMME社が
デンマークの著名なインテリアデザイナー Ib Kofod Larsen を迎え、
贅の限りを尽くして制作したプレミアムサイドボード。
G-planリーズの中でも生産年数が短く、とてもレアなアイテムです。
主材にはチークが使われていますが、
印象的な丸いデザインの取手にはローズウッドを使用するという凝ったつくり。
この圧倒的な存在感…。
やはりラーセンがデザインしたアイテムには、
何かを訴えかけてくる様なオーラがありますね。
(なんか、今日、オレ熱いな…。: 笑)
白を基調とした現代的な内装のお部屋にもしっくり馴染んでいました。
M様、ご購入ありがとうございました!
 
 
 
mura
 
 
 

多摩湖自転車道のその先


 
 
こんなに近かったんか!
 
 
台風が通り過ぎ、雲一つ無い青空が広がった武蔵野の朝。
乾いた風が心地よく、絶好のランニング日和でした。
走ってきたのは久しぶりの多摩湖自転車道20kmコース。
いつも通り10km地点で折り返すつもりでしたが、
気持のよい天気だったからか、いつもよりもランナーが多く、
そしてそのランナー達は迷い無く10km地点を颯爽と通り過ぎてゆきます。
 
 
『この先になんかあるんか?』
 
 
と不思議に思った僕は見知らぬランナー達について行きました。
コースの終着地点10.6kmを数百メートル過ぎて右折すると
周りの木々が急に無くなりドーンと空が開けました。
その道は、空と湖の青いコントラストが美しい多摩湖を見渡せる、
大きな橋につながっていたのです。
昨年から多摩湖自転車道を走り始め、
終着地点までは何度も来た事があるのに、
なんで今まで気付かなかったんだろう???
ちょっと足を伸ばせば、
こんなに素晴らしい景色に出会えたなんて知らなかったよ!
 
 
 
ところで、
画像の右の方に西武ドームの白い屋根が小さ〜く写ってるのわかります?
今度は球場まで走ってみますかね。
(帰って来れんわ…。: 笑)
 
 
 
mura
 
 
 
*2 時間10分26秒/23.4km (5分34秒/km)
 
 
 

RUNNING


 
 
目覚まし時計がくるってたおかげで早起きできた木曜の朝。
最近気に入っている、
武蔵野中央公園〜小金井公園をハシゴするコースを走ってきました。
どちらの公園もラジオ体操に集まった方々や、
ランニングにウォーキング、犬の散歩など、
こんなに人がいっぱいいるのかと早朝の賑々しさにちょっと驚きました。
僕が寝坊して走り出す8〜9時くらいには(特に夏は)みんな帰っちゃうんですね。
タイムの方は58分46秒/12km (4分54秒/km)。
早い時間帯で涼しかったので久しぶりに4分/km台が出ました。
こんな日は意外と午前中は体がキレキレで動きが良いのですが、
昼食後は猛烈な睡魔で気絶しそうです…。
 
 
 
mura